2009年10月02日

三菱リージョナルジェット

Embraer20ERJ-170_01.jpg


三菱重工業が、2012年の初飛行を目指して開発中の国産初のジェット旅客機「三菱リージョナルジェット」(MRJ)について、海外の航空会社から初の受注があったそうです。


今までこの機種はボンバルディア社製のものが主だったと思います。


地方と地方、地方と成田を結ぶ路線がボンバルディアの小型機が使われていまして、初めて乗った時は「大丈夫かな?」と思いましたが、乗ってみると案外乗り心地が良いので意外でした。


ところで、大きなジェット機を就航させて座席が余るより、小さいのを何機も飛ばしたほうがコストは安いのでしょうか?


この分野に国産ジェット機が登場、しかも海外の航空会社から100機受注というニュースは、久々に明るいニュースだなと思いました。


これからも、こんなニュースが続々入ってくればいいですね。






私の趣味の音楽のブログはコチラです。




今日もこちらをクリックるんるん
人気ブログランキングへ



posted by すーさん at 22:40| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

外資系 生命保険会社
Excerpt: 郵政民営化:グループ誕生2年…体制見直しへ 成果欠き、改革色あせ ‎18 時間前‎持ち株会社日本郵政の下に郵便局、郵便事業、ゆうちょ銀行、か..
Weblog: 生命保険見直し相談事務所
Tracked: 2009-10-03 01:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。